【気密の伴わない高断熱化は意味がない】

ジョイ・コス住宅ではC値0.5㎠/㎡以下という独自の基準を設けています。

実態としては、平均C値0.2㎠/㎡程度と超高気密。

 

 

※下記は気密処理の画像です。

 

 

 

 

 

 

 

※相当隙間面積C値建物の気密性を表す指標で単位床面積当たりの隙間の大きさを表したもの。単位は㎠/㎡。

C値、数値が小さいほど隙間のないお家となります。

 

家を選ぶにあたり、このC値はぜひ気にしてください!!

あなたの家の隙間がどれくらいあるのか?を知る事ができるものです!!

隙間のあるお家に住みたいですか?

隙間のないお家に住みたいですか?

 

住宅の省エネ基準では、北海道や北東北といった寒冷地における気密性能をC値5.0㎠/㎡以下。

一般的には1.0㎠/㎡以下なら良しとされていますが、

ジョイ・コス住宅ではC値0.5㎠/㎡以下という独自の基準を設けています。

実態としては、平均C値0.2㎠/㎡程度と超気密!!

 

 

《気密化の目的》

隙間風によるエネルギーロスの低減

 

 

断熱材の断熱効果を最大限に発揮させる

 

 

内部結露の防止

 

 

換気効率の向上

 

 

 

 

高気密住宅といえば、大半の方は隙間がほとんどなくて息苦しい住宅をイメージを持たれます。

しかし、

単にC値を小さくした住宅の気密化ではなく、

断熱材を隙間なく施工し、防湿対策もした結果C値も小さくなることが

本当に

住宅の気密化がなされたということになります。

結果

断熱材の断熱保温効果をフルに活かすことができ、

換気効率の向上により、室内が常に清浄に保たれた健康で快適な住空間が実現されるのです。

 

 

 

実際にご自分たちの目で確かめたい方

体感してみたい方、少しでも気になる方は

ぜひジョイコス工場見学をご希望ください。

体験ハウスに宿泊も可能です。

 

何千万円もかけて建てる自分の家の壁・床・天井がどんなもので出来ているのか?

きちんと学ばないまま、知らないまま建ててしまって本当に大丈夫でしょうか?

 

完成見学会では“見えなくなってしまう部分”

しっかり“見える工場見学”に行ってみませんか?

 

ジョイ・コス住宅システムの開発者の生の声で説明を聞くことができます。

どんな所でどんな人たちがどんな造り方をしているのか

実際に自分の目で見て、触って、納得してから家づくりを始めることができます。

工場見学・体験ハウス宿泊ご希望の方

ぜひお気軽に下記までご連絡お問合せください。

 

♦フリーダイヤル0120-18-1192

♦✉info@al-sys.jp

♦RAKUYA担当 漆原080-6603-2933

♦楽家LINE

https://line.me/ti/p/cH3E0G-dSO

 

※LINEにつきましてはご対応が遅れる場合もございます。ご理解のほどよろしくお願い致します。

RAKUYA施工事例

 

楽家の活動内容や施工事例

SNSからも情報発信しております。ぜひチェックしてみてください♪

RAKUYAFacebook

instagram日々のコト

♦instagram works

 

 

ぜひ「後悔しない家づくり」を

「暮らしを楽にする住まい」を

RAKUYAと共に考えてみませんか。