24時間換気システムについて

 

ジョイコスの24時間換気システムは、スウェーデン製のダクトセントラル方式を採用。

第一種熱交換型と第三種の二種類があります。

 

 

《最大の特徴》

・浴室・トイレ・収納など家全体の換気を1つの換気システムでまかなう、という点。

・設置しただけの換気設備ではなく、計画通りの換気がなされているかを現場で測定し調整まで行う計画軽量換気。

 

・マノスターゲージ(差圧計)による換気量の測定は、お引渡し時・家族数や生活スタイルの変化に対応

・気密レベル基準を0.5㎠/㎡以下として、隙間を限りなくゼロに近づけ換気経路を明確・コントロールすることが可能です

新鮮な空気をどこから入れて、汚い空気をどこから捨てるのか、という計画を現場で実測調整ができます。

空気が流れているから室内に臭いがこもらない。

・モーターの消費電力はわずか月260円程度。

・真冬に24時間換気を止めずに運転しても寒くなりません。

 

 

 

 

 

 

楽家で採用しているのは

第三種換気:排気のみファンを使って強制的に行い、給気口から自然に外気を取り入れる方式。

 

 

気密を無視した換気は百害あって一利なし!

気密性能が悪い家・隙間のある家で強制的に24時間換気を回したら寒くなります。

寒くなると止めてしまいます。

換気を止めると結露が発生

結露はカビ・ダニを発生させ、やがてぜんそく・アトピーの要因に発展。

 

寒さを我慢しますか?

結露を見逃しますが?

 

 

ジョイコス住宅の24時間換気システムなら

外から入る空気の量をコントロールして

暖房計画ができ、寒くなりません!!

これらは気密性能が良い住宅だから!!

それが本当の高気密・高断熱住宅ではないでしょうか。

 

 

北海道ほど寒くないから・・

暖房代といっても冬の数ヶ月だけだから・・

今の家はどこもそこそこ暖かいでしょ・・

なんて、考えていませんか?

 

 

一生住まう家に使うもので 良すぎて困るものなどありません!

気密が良すぎて困ることはありますか?

断熱材が厚すぎて問題がありますか??

初期コストは上がりますが、省エネ性・快適性・健康性は上がります!

 

初期費用(イニシャルコスト)をどこにかけるか!で、この先一生住まう家にかける

ランニングコスト(光熱費・メンテナンス費など)も変わります。

 

 

 

実際にご自分たちの目で確かめたい方

体感してみたい方、少しでも気になる方は

ぜひジョイコス工場見学をご希望ください。

体験ハウスに宿泊も可能です。

 

何千万円もかけて建てる自分の家の壁・床・天井がどんなもので出来ているのか?

きちんと学ばないまま、知らないまま建ててしまって本当に大丈夫でしょうか?

 

完成見学会では“見えなくなってしまう部分”

しっかり“見える工場見学”に行ってみませんか?

 

ジョイ・コス住宅システムの開発者の生の声で説明を聞くことができます。

どんな所でどんな人たちがどんな造り方をしているのか

実際に自分の目で見て、触って、納得してから家づくりを始めることができます。

 

 

工場見学・体験ハウス宿泊ご希望の方

ぜひお気軽に下記までご連絡お問合せください。

 

♦フリーダイヤル0120-18-1192

♦✉info@al-sys.jp

♦RAKUYA担当 漆原080-6603-2933

♦楽家LINE

https://line.me/ti/p/cH3E0G-dSO

 

※LINEにつきましてはご対応が遅れる場合もございます。ご理解のほどよろしくお願い致します。

RAKUYA施工事例

 

楽家の活動内容や施工事例

SNSからも情報発信しております。ぜひチェックしてみてください♪

RAKUYAFacebook

instagram日々のコト

♦instagram works

 

 

ぜひ「後悔しない家づくり」を

「暮らしを楽にする住まい」を

RAKUYAと共に考えてみませんか。