②樹脂サッシについて

 

ジョイ・コス住宅システムの三本柱 断熱・換気・気密

この全てに大きく関係するのが、

開口部 つまり 窓・サッシ です。

 

 

窓の性能が悪いと、せっかくの断熱も無駄になります。

気密性の低下は、せっかく暖めた・冷やした空気も出ていってしまうし

外気の暑い・寒い空気も取り入れてしまします。

これらは、換気効率の低下にもつながります。

 

 

だからジョイ・コス住宅システムでは

樹脂サッシLow-Eペアガラス(アルゴンガス入)を標準としています。

 

 

オプションとしてトリプルガラスを採用。

 

 

《樹脂サッシの特徴》

①断熱窓の中で、最も断熱性の高い窓

②断熱窓の中で、最も気密性の高い窓

③断熱窓の中で、最も遮熱性の高い窓

④断熱窓の中で、最も遮音性・防音性の高い窓。

⑤断熱窓の中で、完璧に結露を防ぐ窓

 

《アルゴンガス入りの特徴》

通常乾燥空気が入っている部分に「アルゴン」というガスが入っています。

空気よりも「アルゴンガス」の方が、断熱力が高く、より暖かく快適に冬を過ごすことができます

 

 

アルミサッシは軽く開閉しやすい・使い勝手が良いなどで長年使われてきましたが、

熱を伝えやすい為、外が寒いと冷たくなり、暑くなれば、アルミサッシは熱くなります。

断熱性がほとんどありません。

また、アルミと樹脂の複合サッシも手頃な価格でもあることから

多く使用されていますが、全ての性能において樹脂サッシと同じだけの性能はありません。

 

 

樹脂サッシの断熱性の高さ

北海道などの寒冷地では、約90%の普及率であることからも

お分かりいただけると思います。

 

窓の断熱と家の断熱性の関係は、ぜひ意識してください。

 

家の中に侵入してくる夏の暑さの70%以上、

家の中から逃げていく暖房の熱の50%以上は、

窓から出入りしています!

 

 

 

 

 

 

実際にご自分たちの目で確かめたい方

体感してみたい方、少しでも気になる方は

ぜひジョイコス工場見学をご希望ください。

体験ハウスに宿泊も可能です。

 

何千万円もかけて建てる自分の家の壁・床・天井がどんなもので出来ているのか?

きちんと学ばないまま、知らないまま建ててしまって本当に大丈夫でしょうか?

 

完成見学会では“見えなくなってしまう部分”

しっかり“見える工場見学”に行ってみませんか?

 

ジョイ・コス住宅システムの開発者の生の声で説明を聞くことができます。

どんな所でどんな人たちがどんな造り方をしているのか

実際に自分の目で見て、触って、納得してから家づくりを始めることができます。

工場見学・体験ハウス宿泊ご希望の方

ぜひお気軽に下記までご連絡お問合せください。

 

♦フリーダイヤル0120-18-1192

♦✉info@al-sys.jp

♦RAKUYA担当 漆原080-6603-2933

♦楽家LINE

https://line.me/ti/p/cH3E0G-dSO

 

※LINEにつきましてはご対応が遅れる場合もございます。ご理解のほどよろしくお願い致します。

RAKUYA施工事例

 

楽家の活動内容や施工事例

SNSからも情報発信しております。ぜひチェックしてみてください♪

RAKUYAFacebook

instagram日々のコト

♦instagram works

 

 

ぜひ「後悔しない家づくり」を

「暮らしを楽にする住まい」を

RAKUYAと共に考えてみませんか。