COMPANY

CSR (企業の社会的責任)

SDGs(持続可能な開発目標)とは

2015年9月に「国連持続可能な開発サミット」の成果文書として、「我々の世界を変革する:持続可能な開発のための2030アジェンダ」が採択されました。アジェンダは、人間、地球および繁栄のための行動計画として、宣言および目標を掲げました。この目標が、17の目標と169のターゲットからなる「持続可能な開発目標(SDGs)」です。今後のサステナビリティを考えるうえでの世界の共通言語として位置付けられるものといわれています。

SDGs(持続可能な開発目標)

アルシスのSDGs(持続可能な開発目標)への取り組み

  • 7.エネルギーをみんなにそしてクリーンに 9.産業と技術革新の基礎をつくろう 12.つくる責任つかう責任 13.気候変動に具体的な対策
    アルシスは安全安心に暮らせる環境作りに貢献します。

    現在の日本、そこには極端な高温や豪雨、大雪、竜巻など様々な気象変動による災害が起こっております。その一つの要因として二酸化炭素の排出によるオゾン層の破壊からなるものなどが挙げられております。
    さまざまな要因はあるにせよ、何も対策を取らないでいると益々悪化して行く事になります。
    アルシスの取り組み、クリーンで安全な再生可能エネルギーへの普及促進へ力を注ぎ、未来の子供たちの為に綺麗で、そして安全安心に暮らせる環境作りに貢献します。

  • 17.パートナーシップで目標を達成しよう
    アルシスは、PV施工団体連絡会とのパートナーシップを取って業界の発展に努めます。

    再生可能エネルギー業界の発展と、維持、継続の為に全国組織である「新エネルギー革命会」に所属しています。

  • 12.つくる責任つかう責任
    アルシスは継続的な発電所の維持管理を担っていきます。

    私たちが作った発電所や家屋など、全ての物を、つくる責任において、それを、つかう責任に変えて、維持、管理して行きます。
    発電所を維持管理するために必要なオペレーション&メンテナンスの「一般社団法人新エネルギーO&M協議会」の会員にも参加しており継続的な発電所の維持管理を担っていきます。

  • 11.住み続けられるまちづくりを
    楽家は「楽」でお客さまの幸せに貢献します。

    楽家は「楽な家」「楽しい家」を求めてずっと住み続ける事が出来る家と、その環境を作って行きます。

アルシスは黒磯スマイルスキースポーツ少年団を応援しています

  • スポーツ少年団Tシャツ贈呈

    スポーツ少年団Tシャツ贈呈

  • 大会にて

    大会にて

  • 美化運動

    美化運動

スキーを通して、自然の中で楽しく時には厳しく子どもたちの成長を一緒に考えている、そんな黒磯スマイルスキースポーツ少年団をアルシスでは応援しています。

活動内容

冬季期間 各自のレベルアップ 及び 各種大会への参加

オフシーズン
  • 青木サッカー場花壇への花植え美化運動(いつも体育館を使用させていただいている青木サッカー場への感謝の気持ちを込めて)

  • 冬合宿のための夏合宿(小学低学年から高校生までの交流を深めるため。また親元から離れて精神を鍛えるため)

  • 親子登山とマラソン(親同士の交流、子供同士の交流のため親子登山。マラソンは体力づくりのため)