宇都宮の現場にて躯体検査が行われました。

 

『躯体検査』とは、主要な構造部の検査のこと。

家を支える柱や体力壁の位置は図面通りか、

横揺れを防ぐ「筋かい」は図面通り配置され適正に取り付けられているか、

金物も図面通り配置されているか、

など、一般の人には分からないチェックポイントをひとつひとつしっかり検査すること!!

です。

 

 

第三者機関 JIO専属の建築士による、厳しく細かくしっかりしたチェックが行われます!!

 

 

 

建物にとって重要な部分とは言っても、一般の人では分からない部分。

お施主様にとっても、完成してしまうと見えなくなってしまう部分。

だからこそ、こうして第三者機関の厳しいチェックは

建てる側にとっても見落としがないかチェックしてもらえる大切な検査となり、

何より、お施主様が安心できる重要な検査となります。

 

 

 

現場の大工さん、楽家スタッフ連系を取りながらお互いチェックしながら、しっかりとやっていても、

やはり誰かにチェックしてもらうって

ドキドキです・・。

そろそろ、無事終わりそうかな・・

平静を装っているけど内心張りつめた空気に耐えられなくなっている?!

課長・・

 

 

そして

無事合格!!

現場の大工さんも楽家スタッフもホッと一息。

 

もちろんまだまだ

完成までしっかり気を引き締めて参ります!!

 

 

楽家では、

デザインも性能も

しっかりとご提案させていただきます。