インフルエンザが流行っていますね・・(>_<)

誰だってかかりたくないインフルエンザ。

皆様はどんなインフルエンザ対策を行なっていますか⁇

 

今回は住宅の面からのインフルエンザ対策について、をまとめて見ました。

以下の内容、実際インフルエンザにかかった部長が感じたコト、自分で調べてまとめたもの、です。

説得力ありますね^^;

 

 

インフルエンザは湿度と室温で予防できるんですね。

室内環境がこんなに重要とは…(゚o゚;;

 

 

 

 

インフルエンザがなぜ冬に流行るのか、がこれでよく理解できますね。

 

 

 

以上の資料から分かるように、インフルエンザ予防には、住宅の室内環境が非常に関係していることが分かりますね。

室温22度、湿度50%以上がインフルエンザ予防に有効‼︎

 

又インフルエンザにかかってしまった場合でも住宅内の温度の差がない方が体へのストレスが随分と緩和されます。

 

以上のデータからも、部長自身今回の経験からも

今後の住宅は、高気密高断熱のJoy・kosをお勧めしております‼︎

 

Joy・kosってなぁに⁇

詳しい説明をお聞きになりたい方は

ぜひお気軽に 楽家 までご連絡ください(^o^)/

 

(普段活動的な部長…じっと寝ているのも辛かったんでしょうね^^; 色々調べたみたいです。

お陰で住宅環境でできるインフルエンザ対策、勉強になりました(^▽^;))